良い効果がある

medicine and health

低用量ピルは経口避妊薬のことです。毎日1回の服用で排卵を抑制し子宮内膜の増殖を抑えます。さまざまな効果が期待できます。ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンに似た、成分が配合されていて服用すると妊娠したときと同じようなホルモンになります。きちんと服用すれば避妊に成功ます。低用量ピルは脳を騙して、妊娠したと思いこませるために女性ホルモンの分泌量をふやすのが目的なので毎日一錠を継続的にのんでバランスを維持する必要があります。タイミングは生理開始から飲み始めるのが基本で避妊効果があらわれるまで8日かかります。低用量ピルは継続して飲むことに意味があるので、飲み忘れないようにしましょう。しかし、どんなに工夫しても飲み忘れてしまうことがあります。

飲む忘れに気づくのが24時間以内なら飲む忘れたぶんをすぐに服用し、その日の分もいつも通りに飲みましょう。飲むわすれに気づくのが24時間をすぎたら低用量ピルの服用はやめましょう。飲んでいたシートは吐き出して、次の生理がくるのを待ちましょう。服用を中止している期間は避妊効果がなくなります。低用量ピルはホルモンの配合量をギリギリまで抑えているので体への負担はそれほどでもありませんが、それでも体内のホルモンバランスを妊娠したときと同じよ状態にするため妊娠初期に似た副作用が現われるけとがあります。鬱、吐き気、倦怠感、頭痛、乳房痛、不正出血、眠気などです。避妊以外のメリットは、ピルは避妊を目的としていますがそれ以外にもメリットはあります。